綺麗なお肌を手に入れよう

シミなら皮膚科で完治できる|安全な方法を伝授

レーザー治療が効果的です

カウンセリング

顔に目立つシミがあると、年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、皮膚科で治療を受けたい人が増えています。皮膚科では、美白効果の高いハイドロキノンやトレチノインの外用薬による治療や内服薬による治療を行っています。

レーザーで除去を行う

注射

皮膚科でのシミの治療の流れはシミの大きさなどの確認を行った後レーザーを用いて照射治療を行います。その際には痛みを減らす局所麻酔なども実施できます。治療を終えてからも家庭でのケアを適切に行いながら経過観察を行います。

シミ治療のクリニック

顔を触る婦人

皮膚科と美容クリニック

女性の肌の悩みといえば、シミでしょう。そんなシミを撃退するには、どんな病院へ行ったらいいのでしょうか。そしていい病院の選び方とはどういったものなのでしょうか。まず、皮膚に関するお悩みなら皮膚科、または美容皮膚科の二つの選択肢があります。この二つは、基本的に医師による診断の上で治療が行われる医療機関としては共通しています。では、違いは一体どこにあるのでしょう。皮膚科は皮膚の病気を治すところ、保険適用の疾患を治療する場所ということになります。それに対して美容皮膚科は肌をきれいにする、美容的要素の強い疾患を治療する場所ということになります。美肌の専門である医師が、患者さんの肌の悩みやコンプレックスを最先端の医療機器で改善するのが一般的です。シミの治療には、美容皮膚科の方が適しています。シミの種類も様々で、そばかす程度の小さなシミであれば内服薬での治療となります。1cm程度の数年放置していたシミであれば、レーザー治療が効果的です。顔全体にある大きなシミの場合は、光治療を行います。内服薬であれば保険が適用になることもありますが、レーザー治療や光治療は保険適用にならず、かなり高額になることも考えておきましょう。では、一体どのようにしていい美容皮膚科を見つけたらいいのでしょうか。先ほど紹介したように、シミ治療には様々な種類があります。この治療方法や料金について親身になってしっかりカウンセリングを行ってくれるクリニックが最も信頼の置ける美容皮膚科でしょう。また、治療後のアフターケアや補償制度についても要チェックです。シミの原因によっても治療法は異なってきます。紫外線などの肌ダメージからのシミは「老人性色素斑」と呼ばれ、ホルモンバランスの乱れからくるシミは肝斑と呼ばれます。また、ニキビ跡からの色素沈着や肌質遺伝によるそばかす、加齢やストレスによるADM(後天性真皮メラノサイトーシス)というものもあります。この5つに対応する治療設備があれば、安心です。安い値段でも治療がいい加減だったり、設備が整っていなかったり、万が一治療後に何かあったときアフターケアや保障制度がなっていなければ、後悔することになりかねません。実際に美容皮膚科に足を運び、カウンセリングや相談を受けてみて、信頼できると思ったところで治療を受けるのが最適な方法でしょう。

早目に治療が大切

鏡を見る女性

皮膚科でのシミ治療は、外用薬や内服薬での治療よりも、レーザー治療がより高価になるケースが多いです。シミの種類をしっかり検査してもらったうえで、適切な治療方法を主治医と相談して選択するようにしましょう。

お肌を大切にするために

注射器を持つドクター

近年は医療技術の進歩がめざましく健康面や美容面において格段に向上してきました。特に美容面においてはその傾向が顕著で、中でも皮膚科でのシミ取りに人気があります。その方法としては薬剤を使用する外用療法とレーザーを使用するレーザー療法があります。

透明感のある肌は憧れる

鏡を見る女性

シミが気になり始めたら、まずは専門医を受診してみるという方法があります。美容皮膚科専門クリニックであれば、シミの状態に合わせて適切な治療方法を提案してくれるでしょう。治療は基本的に自由診療となりますので、保険適用がありません。