レディ

シミなら皮膚科で完治できる|安全な方法を伝授

早目に治療が大切

鏡を見る女性

綺麗な肌を取り戻す

メラニン色素が沈着してできてしまうシミですが、顔にできてしまうとメイクで隠すのも一苦労で、皮膚科での治療を考える方も多いのではないでしょうか。ただ、皮膚科での治療というと高いというイメージがつきものですが、実際の値段はどのくらいなのでしょうか。シミ取りは美容目的のため、健康保険が適用にならないケースが多いです。反対に、やけどによりシミとなってしまった場合や、癌化する恐れのあるシミなど健康に害を及ぼす可能性のあるものに対する治療については保険適用になります。シミの原因は、加齢や紫外線によるもの、ホルモンバランスの乱れなど人によって様々ですので、適正な治療方法もそれぞれです。また、初期のシミは肌の表面にできているため、内服薬や外用薬などで治療することが可能ですが、放置していると肌内部まで侵食するため、レーザー照射でのみシミを除去することが困難になります。まずは、シミの種類をきちんと皮膚科で検査して特定することが大切です。そして、それぞれに合った治療方法を選択していくのですが、初期のシミやレーザー照射では治すことのできないシミの場合には外用薬や内服薬が処方されます。外用薬の場合の相場は、約2000円から3000円くらいです。医師から処方される外用薬は、市販ものよりも効果が高いのが特徴です。メラニン色素の生成を抑制するハイドロキノンクリームや新陳代謝を促進するトレチノインクリームなどが主な薬剤として配合されています。内服薬には、色素沈着を緩和するビタミンC誘導体やトランサミンなどの成分が配合されています。また、点滴により効果的に摂取する方法を実施している皮膚科もあります。さらに、長年放置してきた頑固なシミになると、レーザー治療が選択されるケースが多いです。レーザーの種類もクリニックによって様々です。種類によって効果的なレーザーの種類も異なりますので、主治医とよく相談して選択しましょう。相場は、約5000円から10000円の価格帯が多いです。レーザーを照射する範囲によって料金が設定されているケースが多いため、広範囲にわたりレーザー照射をする必要がある場合は、価格も高くなります。その他、麻酔料などもかかってきますので、内服薬や外用薬の場合よりもずっと費用が高くなりますが、1回で効果を実感できる点がメリットです。