レディ

シミなら皮膚科で完治できる|安全な方法を伝授

レーザー治療が効果的です

カウンセリング

内服薬や外用薬の治療

顔に目立つシミがあると年齢よりも老けた印象を与えてしまうので、自宅でスキンケアを行っている人が多いです。美白効果の高い基礎化粧品が数多く販売されていますが、効果を実感するにはある程度の時間が必要になります。シミの種類によっても、適切な治療法が違ってくるので、まずは皮膚科の医師に診察をしてもらうことが大事です。比較的小さいシミの場合は、美白効果の高いハイドロキノンやトレチノインの軟膏を処方してくれます。トレチノインは、メラニンの生成を抑える働きがあり、皮膚の新陳代謝を促進する働きがあります。シミの気になる部分に適量をなじませて、根気よくお手入れをすると少しずつ薄くなってきます。体の内側からも働きかける必要があるので、ビタミンC誘導体やビタミンE、L−システインなどの内服薬を処方してもらえます。これらの成分は、体の血流を促進したり、メラニンの生成を抑えてコラーゲンを合成させたりする働きがあります。そのため、徐々にシミが薄くなって目立たなくなるため、悩みを解消することができます。また、美容皮膚科のクリニックでは、皮膚の状態に合わせた治療を行っています。シミといっても様々な種類がありますが、中でも老人性色素班は加齢やホルモンバランスの乱れ、紫外線などが原因とされており、30代以降の人に見られるシミの1つです。皮膚科のクリニックでは、最新の医療機器を使用したレーザー治療を行っています。皮膚の色素沈着が目立つ部分に局所麻酔を行ってから、レーザーを照射します。ゴムで弾かれたような痛みを感じますが、我慢できないような痛みではありません。レーザーを照射した直後は白っぽくなりますが、時間を経過するとかさぶたになります。レーザーの照射を受けてから、数日が経過するとかさぶたが剥がれてきてきれいな素肌が出てきます。レーザーを照射した直後はお肌がとてもデリケートになっているため、きちんとUV対策をして日焼けをしないことが大事です。レーザーを照射してから3か月ぐらいを経過するとシミが少しずつ薄くなってくるので、お肌に透明感が出てきます。皮膚科では、経験豊富な医師が在籍をしており、なるべく痛みを抑えた体に負担の少ない治療を心掛けています。内服薬や外用薬をしばらく続けてから、レーザー治療を受けると良いでしょう。